クオキャリアは、障がい者の『就職・転職』を徹底的にサポートします。

転職・就職活動を始めるにあたって(転職ノウハウ1)

  • HOME »
  • 転職・就職活動を始めるにあたって(転職ノウハウ1)
就活を始めるときに考えておかなければならないことがいくつかあります。
ここでは、大きく4点に絞ってそれらについてまとめておきたいと思います。

1. 転職活動を始めるときの状況
2. 転職先に求めたい条件(処遇、障害の配慮、等)
3. 転職にアピールできる自分のスキル、経験
4. 転職先で何をしたいか


1.就職活動を始めるときの状況


「なぜ、転職、就職したいのか?」

JQ145_72A  就活を始めるときの状況は人によって様々です。
ある人は、すでに無職状態ですぐにでも新しいところで
働く必要があるかもしれません。
ある人は、現在の職場に不満はあるものの、
すぐには転職しなくてもいい状況かもしれません。

無職の人は比較的わかりやすいかもしれませんが、
それでも前職よりも給与が高いほうがいいのか、
給与よりも働きやすさが優先なのか、仕事内容なのか、
いろいろです。


現職の人が転職するときはもっと複雑です。
今の職場に満足していて転職する人は、会社側の都合による
退職を除けばまずありません。

人間関係、給与があがらない、仕事内容がつまらない、など、いろいろな悩みがある中で、
やはり次は何が働く中で一番重要なのか(もちろん一つでなくても構いませんが、全部は
ダメです!)をしっかり考えないと、就活途中で迷走するかもしれません。

それをしっかり考えたうえで、自分がどれくらい急いで就活準備をし、どんなところに相談し、
どうやって就活を進めていくかを考えて、就活の方法、スケジュールについて検討しましょう。

就活の方法としては、

  • ハローワークへの登録
  • 集合面談会への参加
  • 人材紹介会社への登録
  • 企業の障がい者求人への直接応募
などがあります。
複数の方法を使ってももちろん構いませんが、自分に合ったやり方を考える
必要はあります。

就活期間もそれぞれですが、だいたい3か月前後が多いようです。
あまりこだわりすぎても、またこだわりすぎなくてもよい結果は
得られないものです。
どこかで決断をすることが必要になりますので、それを期間で
区切るのも一つの方法です。
無料会員登録
PAGETOP