クオキャリアは、障がい者の『就職・転職』を徹底的にサポートします。

一般事務って何だろう?(キャリアプランを考える)Ⅱ

  • HOME »
  • 一般事務って何だろう?(キャリアプランを考える)Ⅱ

一般事務の定義や欧米との考え方の違い、今後のトレンドに
ついてはⅠ(前篇)で記述しました。

JQ093_72A しかし、次に出てくる課題として、一般事務では処遇、ポジション に限界があり、更に高い給与をもらいたければなんらかの専門性 が必要になる、ということがあります。

一般事務は重要な業務ですし、かならずしも簡単な仕事だけでは ありませんが、一方でそれ自体が利益を生む作業とは言えない面 もあります。

高い給与を受けられるポジションは、やはり売り上げに直結する
仕事か、高い専門性を有することがある程度必要になるのは致
し方ありませんね。

もちろん、ある程度仕事をやってくればそれなりの専門性や、
仕事に対する深い興味が出てきますが、問題はいきなり高い
専門性を持つことはできないため、その勉強をしつつ従来の
一般事務の仕事もしなければならない、という点です。

JP044_72A 例えば上司に、私は専門性を高めたいので一般事務の仕事を免除 してください、とは言えないですよね。
最初は自分でプライベートの時間を使ってでもある程度勉強し、 資格等の実績を作りながら、回りの人や最終的には上司にアピール することが重要かと思います。
何も努力せずにいきなり「私はこれがやりたいんです」と言って も逆効果ですが、徐々に実績を作っていけば必ず機会は訪れます ので、そこは我慢して努力していきましょう。
自分の興味があることであれば、積極的に取り組めるのではない でしょうか。

一方で、障害の配慮が受けられるのであれば、一定の処遇を
受けられればそれでもいい、という考え方もあります。
それはそれで何の問題もありませんが、人間は欲望の生き物
ですから、そうは言ってももっと給料が欲しいと考えてしまい ますね。

自分はいったいどうしたいのか、それを常に考えながら、
専門性を高める努力をしておく、
というのが最もよい方法
だと思います。
無料会員登録
PAGETOP